トイレの基本情報

普段のトイレ掃除に! トイレ洗剤の基本~【中性洗剤】について~

更新日:

トイレ「中性洗剤」記事TOP画像

ここでは「トイレ掃除」に使用する「トイレ洗剤」について、説明したいと思います。
今回は「中性洗剤」について。

「たくさん洗剤の種類があってわからない!!」という方は、まず最初にお読みください。

 

トイレの簡単お掃除をするにあたって「基本の洗剤」【中性】

 

【洗剤の基本的な考え方】

その1 手垢や皮脂や油などの酸性の汚れには・・・アルカリ性の洗剤

その2 シンクの水垢・トイレの汚れなどのアルカリ性の汚れには・・・酸性の洗剤

その3 わからない時・迷ったときは・・・中性洗剤

 

洗剤の基本は「中和」するということ。

何でできた汚れなのか?をよくチェックしてみましょう。

わからない場合、迷ったら「中性洗剤」を使いましょう。

基本的に何性を使用しても「こする」ことを考えれば何でも落ちます。
怖いのは「塩素系」と混ざってしまうこと。
中性洗剤ならもし誤って「塩素系」の洗剤と混ざってしまっても危険はありません。

 

Sponsor's Link
 




 

 

普段トイレに使う洗剤は何を使ったらいいの?

毎日こすっていたり、拭いていたりする場合は

基本的に「中性洗剤」1本あれば十分です。

ちょっと「おサボり」しちゃったわ💦という時や
大掃除の時などは「強めの洗剤」を用意しましょう。

「酸性」「アルカリ性」どちらの商品もありますが
「塩素系」とは「混ぜるな危険!」です。気を付けて選んでくださいね。

 

 

「中性洗剤」ってどんな洗剤?

 

普段のお掃除には・・・「中性」のものでOKです。
スプレータイプのものや液体のものがありますがどれでも大丈夫です。

「中性洗剤」とは?
「水溶液」が「中性」を示す合成洗剤のこと。
「硬水」でも洗浄力を保ち、様々な場所の洗剤に広く使われている。

 

トイレ内で「中性洗剤」が使える所はどこ?

中性なのでドアやサッシ、窓、便器、床などどこにも使えますが
特殊な素材を使用している壁・床や手洗い場の場合は
よく「洗剤の注意書き」を読んでからご使用ください。
(白木はダメと書かれているところが多いです。)

 

 

主な中性洗剤はこんな感じのもの!

 

 

※画像から楽天の各商品ページに飛びます。
 

 

上のようなスプレータイプのものをよく見かけますね。
「トイレマジックリン」は昔からあり、どこでも置いてある有名な商品ですね。
台所洗剤のようにチュ~と出すタイプのものもあるんですが「液だれ」もありますので
スプレーが使いやすいかなと、個人的には思います。

最近は「抗菌タイプ」のものや、いい香りがするもの、お洒落なボトルのもの
色々出ていますから、お好みのものを探してみてくださいね。

一人暮らしからファミリーまで、どんなお家の方にも使っていただける「基本のトイレ洗剤」
一家に一本!揃えておきましょう。

(念のため、上記商品は左から
「泡のトイレ洗剤」WashLab(ウォッシュラボ) 、「トイレマジックリン」(花王)
ルックまめぴか(ライオン)、キレイのミスト(ライオン)
[サラヤ]ハッピーエレファント トイレクリーナー です。)

 

Sponsor's Link
 




 

スプレータイプ以外のトイレ中性洗剤を探してみよう!

 

流行りのモコモコ泡タイプのスプレーは?

アイリスオーヤマはアルカリ性
TVCMでもよく見るDCMブランドの泡クリーナーはアルカリ性

 

エステーの「もこ泡」は中性でした。

 

 

よく見る「トイレスタンプ」は何性なのか?

「スクラビングバブルトイレスタンプ」(ジョンソン)は弱酸性
「ブルーレットスタンピー」(小林製薬)は中性~弱酸性
「ブルーレットデコラル」(同上)は記述無しですが、成分に両性と書いてあるので、これも中性~弱酸性かな?

これも普段使いのものなので、そんな強烈な洗浄成分ではないハズです。

 

「トイレ用掃除シートタイプ」は何性?書いていないものが多いです!

 

トイレクイックルは弱酸性になりますが、ほぼどこのトイレでも使えます!

 

上のkaoさんの「トイレクイックル」厚手のシートタイプでササっと拭けるお掃除用品ですが
こちらは「弱酸性」になります。
「中性」ではありませんが、ほとんどの便座・トイレ周りに使っていただけるものだと思います。

 

スコッティ シートウォッシュforトイレット(日本製紙クレシア)は?

 

こんまりさん監修の、お洒落な容器で楽しくお掃除ができるこちらの商品も
「何性」とはっきり書いていません。
が…成分で判断するに…精製水にエタノールが入っていますから、中性~弱酸性を示すと思われます。
(理系じゃないので成分にはめっぽう弱いのですが、頑張って調べました。)
よって、こちらも普段使いのお掃除に使えます。

ただ、スプレータイプと違って「洗剤成分がシートに染み込んでいる」ため
時間の経過とともに、乾いてしまう場合もあります。
そして、中はこすれませんね💦
シートタイプは便利ですが、これ1本で行けない理由がココです。

 

ざっと色々な「シートタイプ」の製品を見てみたのですが、
どれも成分的にはほぼ同じなので「弱酸性」のものが多いのかなと思います。
普段使いには問題ありませんが、これからは「手荒れの季節」。
「素手で大丈夫」と書いてあるものが多いですが、衛生面や手荒れのことも考えて
心配な方は必ず手袋をして使用してください。
老いも若きも、女性も男性も、手荒れはしんどいですから、気を付けましょう!

「トイレ用掃除シート」はらくちんお掃除に欠かせませんね♪上手に使っていきましょう。

 

流せるタイプのトイレブラシは何性?

 

スクラビングバブルの「流せるトイレブラシ」が有名ですね。
最初からブラシ部分に「濃縮洗剤」が付いていて、そのまま洗えるタイプのものです。

こちらは「中性」になります。

こちらの商品を使用する場合は「洗剤」は要りません。
シートタイプと併用するといいと思います。

 

トイレの中性洗剤まとめ スプレー以外で中性に近いものを使用したい場合は…

 

もこもこ泡タイプ洗剤→エステー

スタンプタイプ→小林製薬のブルーレットスタンプ

トイレ掃除シート→どれでもOK

流せるトイレブラシ→ジョンソンのスクラビングバブル「流せるトイレブラシ」

 

成分を見ると、作られたときは中性でも、空気に触れると「酸化」するので「弱酸性」
と書いてあるところが多いのかな?と考察しています。
赤ちゃんのお尻拭きなども弱酸性とありますから、刺激はほぼないと思います。

 

トイレの「普段使い」中性洗剤のまとめ

 

・スプレータイプは「中性」と書いてある物を選ぼう。(基本的にこれ1本あれば掃除は完璧)

・そのほかの洗剤は、中性そのものは少ないが「弱酸性」でも十分普段づかいができる。

・心配な場合は必ず手袋を使用する

 

以上トイレの中性洗剤についてでした。
楽ちん(^^♪トイレのお掃除にお役に立てれば幸いです。

お読みくださり、ありがとうございました!

 

 

 

-トイレの基本情報

error: Content is protected !!

Copyright© つばさの楽ちん♪トイレ掃除研究室 , 2018 AllRights Reserved.